カカオ香るワイン?

南半球の南アフリカでは、もう間もなくぶどうの収穫がスタートします。
現地より、今年はとても良いぶどうが育っていると嬉しい報告があり、2018年のワインが楽しみです。


そして、今週末の試飲イベントでは、こちらの南アフリカのワインが登場します。

20180119_01.jpg


このルカフェは南アフリカを代表する赤ワイン品種ピノタージュを使用しています。

その名と見た目が語る様に、まるでコーヒーの香りがします。
もちろん原料にコーヒーは入っておらず、ブドウと熟成によりこの香りと味わいが誕生します。

20180119_02.jpg

口当たりは滑らかで優しく、スパイシーなニュアンスや溶け込んだタンニンが調和し複雑味もあるこのワイン。
ぜひ週末イベントにご参加頂き、お試しください。

20180119_ttl170325.jpg

川崎アゼリア店 阿左美

【蔵直だより】間もなく収穫スタート!

ただいま、フランスのボルドーは冬まっただ中。

こちらは、蔵直ボルドーの革命シャトー「レイニャック」の畑です。

20180118_05.png


翌年に良いぶどうを出来るように、冬の間に余分な枝をおとす剪定を行います。

とても重労働ですが、これを怠ると良いぶどうがでいません。

枝を伸ばしたままにしておくと、ぶどうの実に栄養が届かないばかりか、花が咲かず実ができないこともあります。

20180118_03.png

細い枝を一本一本切り落とす重労働ですが、

「良いワインは、良いぶどうから」と妥協は許しません。


こうした努力から生れるワイン。


南半球の南アフリカではもう間もなく、ぶどうの収穫がスタートするようです。

こちらは、ド・グレンデルのシャルドネです。

20180118_04.png

2018年の南アフリカはとても天候がよく、ぶどうが完熟して、例年よりもぶどうの糖度が高いそうです。


こちらはアルダリンのソーヴィニヨン・ブランです。

20180118_02.png

ぶどうは小粒ですが、とても果実の凝縮感があり、とても香りが華やかとのことです。

2018年の南アフリカはとても良いワインが出来そうで楽しみですね。

アルダリンは、南アフリカワインTOP100ワイナリーに選出される世界が注目する蔵元。
そして、アルダリン ソーヴィニヨン・ブランは世界各国のワインコンペティションで高い評価を獲得しており、
ワインの選定が厳しいことで知られる日本の某航空会社のファーストクラスにも選定されたことがあります。

20180118_01.jpg


ただいま2016年のヴィンテージをご用意しています。
どうぞ、ファーストクラスの味わいをお試しください。

20180118_99jpg.jpg


深澤

和食の次は...

昨日ご紹介いたしました「有機和食と蔵直ワインのワイン会」はおかげさまで満席となりました。

たくさんのお問い合わせありがとうございます。

ただいま、キャンセル待ちにて承らせて頂いております。

そして、和食とのペアリングの次は、中華とのペアリングを開催いたします。

20170916 _01.jpg

9月に開催したプラチナ通りにある中華の名店 『 白金亭本店 』 とのランチ会。

「中華料理とワインって、本当に合うの・・・?」というお声もいただいていた中、シェフとも打ち合わせと試作を重ね、特別なランチコースをご用意していただきました。

20180117_01.jpg


ご参加頂いたお客様よりぜひまた 『 白金亭本店 』 で開催してほしいとのご要望を頂き、第二弾の開催となります。

今回もシェフがこのワイン会の為に特別なランチコースを作っていただきます!

開催日2018年2月17日(土)
開催時間12:00-14:00
開催会場周中菜房 白金亭
〒108-0071 
東京都港区白金台4-19-13 白金TFビル
会費一般7,000円/ワインクラブ会員6,000円
このワイン会では、試作料理とワインを実際に合わせながらシェフと打合せを行います。
我々も楽しみな企画です。

20180117_b_event_information.jpg


深澤

PS:本日、美味しい熟成肉のハンバーグが楽しめるお店とワイン会の打合せをしてきました。
詳細決まりましたらご紹介いたします!
20180117_02.jpeg

ランチ会のご案内

美味しいワインを飲む時、美味しいお料理があったらさらに楽しいですよね。

 

ワインと料理、それぞれがお互いの良さを引き立てあうことで相乗効果が生まれると言われています。

blog.jpg

最近は「料理とワインのペアリング」という言葉もよく耳にするようになり、自宅でも実践される方が多いのではないでしょうか。

 

ヴィノスやまざきでは、広尾店・中目黒店が合同主催し、蔵直ワインと美味しいお料理のペアリングを楽しんで頂こうと、月に1度、土曜日にランチ会を開催しています。

 IMG_0517.jpg

店舗のある港区・目黒区を中心に、話題のお店やお料理に定評のあるレストランにランチ会特製コースを作って頂いています。

そして、シェフとも打ち合わせを行いそのお料理とぜひ楽しんでいただきたい蔵直ワインを選定!

 

これまでには、熟成肉と熟成ワイン、グランピング、中華料理とのペアリングなど様々なテーマで行って参りました。

IMG_0518.jpg

 IMG_0515.jpg

2018年第一段となる今月は、初の「和食」が登場!

 

「有機和食と蔵直ワインのペアリング」をテーマに、素材の良さを生かした広尾の名店「山藤」さんにて開催します。

 

開催日時は1月20日(土)12:00です。

今回、まだ少しお席に空きがあるため、こちらのブログにて全国の皆さまへご案内を差し上げました。

 

ランチ会はおひとりで参加される方も沢山いらっしゃいますので、ぜひお気軽にお越しください。

 

お申込みは【こちら】から

 

お問合せ先

ヴィノスやまざき広尾店 :03-5789-7701

ヴィノスやまざき中目黒店:03-6303-2107

 

皆さまのご参加を、お待ちしております。

 

中目黒店足立

足立

 

 

あまりに目玉が多くて...魅力をご紹介できなかったんですが

昨日、カリフォルニアワイン好きのお客様とお話ししているときに、
ヴィノスダイアリーでこのワインの魅力をご紹介できていないことを思いだし、書いています。

最近では、フランスの銘醸地ボルドーやブルゴーニュよりも、カリフォルニアワインのお問い合わせを多く頂きます。

中でも、お問い合わせが多いのが、ナパヴァレーのワインです。

「ヴィノス オーパス」の画像検索結果


以前のダイアリーでご紹介したことがある「パリ・テイスティング」。

20171228_02.jpg

今から40年ほど前、フランスの高級ワインと当時無名であったナパヴァレーのワインをブラインドで比較試飲が行われ、
ナパのワインの高品質を世界に知らしめた大事件です。

「パリテイスティング」の画像検索結果

ナパヴァレーのワインがフランスのワインに圧勝し、
この事件以降、ナパ・ヴァレーのワインが高騰するきっかけになりました。

カルフォルニアのナパ・ヴァレーといえば、いまや世界屈指の名醸地。

品質は世界最高峰!そして価格も世界最高級・・・

オーパスワンをはじめとする有名ナパワインは軒並み数万円。

そんな中、年末に入荷したこのワイン。

20180115_02.jpg

ストーンヘッジ・グランド・リザーヴ・シラー・ナパヴァレー

数万円のワインが生まれる銘醸地ラザフォードを中心としたナパ・ヴァレーの中でも銘醸地区のシラー種から造られるこのワイン。
18ヶ月の樽熟成を施すことで、力強い果実味に、スパイスの風味、そして心地よい熟成感がお楽しみ頂けます。

「ストーンヘッジ 交渉 ナパ」の画像検索結果

ナパヴァレーの銘醸地で造られるワインとなると、通常1万円近くになってしましますが・・・

ぜひ年末年始に特別なワインをお楽しみいただきたいと思い、交渉に交渉を重ね、奇跡の価格で仕入れることが出来ました。

20180115_01.jpg

販売開始をしてから3週間ほどで在庫が半数となっています。

ご紹介が遅くなりまして、申し訳御座いません。

在庫がなくなる前に、是非お試しください!
20180118_header_webshop.jpg

深澤

今月のワイン&デリ!

「ワインと何を合わせたら良いか分からない」
「ワインとのマリアージュを楽しみたい」
というお声から誕生したワインとおつまみのセット!

クリスマスのセットもご好評につき完売。
新年のお祝いで第3弾をお届け致します!


▼【オンラインショップ限定】新年を祝うワイン&デリセット

20180114_01.jpeg

ワインは泡・白・赤の3種類。

スパークリングワイン

20180114_04.jpg

▼ボチェッリ・プロセッコ

イタリアを代表するスパークリングワイン「プロセッコ」。
世界的テノール歌手アンドレア・ボチェッリの実家がプロデュースするこのプロセッコは、花やフルーツの香りと柔らかい泡立ちが楽しめる優しい味わい。どんなお料理とも合わせやすい万能選手!


白ワイン

20180114_03.jpg

▼ドメーヌ・ジボー・ル・グラール

ロワールの銘醸地トゥーレーヌで最も注目される生産者ジボー。
単一区画のぶどうで造った、ジボーが得意とする完熟ソーヴィニヨン・ブランのフルーティーな風味を最大限に表現した1本です!


赤ワイン

20180114_02.jpg

▼ラ・マジア・ロッソ・ディ・モンタルチーノ 2013

イタリア最高峰のブルネロ・ディ・モンタルチーノの弟分とも言うべきワイン。
深い紫色の色合いに、プラムやブラックベリー、スパイス、土のような重厚感のある香りを持ちながら、味わいは実にフルーティーで見事なバランス!


そして、デリのラインナップはこちら!

20180114_05.jpg

▼トリュフ・サラミ・スライス(40g)

香りがたまりません!
創業1886年の老舗ヴィラーニ社が造るトリュフをふんだんに使用した贅沢サラミ。
口に入れた瞬間に魅惑的なトリュフの香りがふわっとと広がります。


20180114_06.jpg

▼パルミジャーノ・レッジャーノ・36ヶ月熟成(100g)

イタリアのワインの蔵元から「とにかくおいしい」と紹介されたのが、すべて手作業でチーズ作りを行っているこだわりのパルミジャーノ。
しかも、36か月熟成です!
うまみ成分のアミノ酸が凝縮したじゃりじゃり感のかみごたえがあるチーズが、熟成による香りとコクでさらにふくよかな風味となっています。


20180114_07.jpg

▼グリーン・オリーブ・ラロッカ(100g)

イタリア有数のラ・ロッカ社のシチリアの良質なグリーンオリーブ。
フレッシュ感バツグンで、歯ごたえもしっかり!純粋にオリーブ本来の味わいが楽しめます。食前酒のおつまみや、アンティパストとしても最適です。

ワインもデリもそれぞれ単体でも美味しいですが、一緒に味わえば美味しさ倍増!
ワインとデリもペアリングをどうぞお楽しみください!

20180114164725.jpg


深澤

意外な発見も!

本日は、ヴィノスやまざき各店で"新春TOV(テイスト・オブ・ヴィノス)第1弾!ワインを楽しむABC"を開催いたしました。

20180113_03.jpg

味わいの異なる5種類のワインをお楽しみいただき、ご参加頂いたお客様からは、

「普段飲まないタイプのワインが楽しめてよかった。」

「意外と好みからも!」とお声をいただきました。


そして、本日ご紹介したワインの中で、

「この地域でこの品種造ってるんですね!」

「ハチミツみたいな感じだけど、スッキリさもあるんですね」と皆さまから驚きの声を頂いたワインがありました。

20180113_01.jpg


このワインを造る「テ・マニア」はニュージーランドの小区画ネルソン地区を代表する蔵元です。

20180113_05.jpg

ニュージーランドの銘醸地で多くのワイナリーが存在するマールボロ地区に隣接し、気候や土壌は全く類似していますが、本当に小さな生産地区です。

そこで最も評価を得ている蔵がこの「テ・マニア」。

20180113_07.png

有名評論家のジャンシス・ロビンソン女史から「ニュージーランドでTOP10に入る造り手」と評価されるほど。

jancis_pic.jpg

ニュージーランドの白ワインと言えば、ソーヴィニョン・ブランが有名ですが、

実は最近ではリースリングも人気があります。

そして、このテ・マニア リースリングは、5ツ星93+点など絶大な評価も獲得しています。

20180113_08.png

ほのかにはちみつのような甘みを感じ、柑橘類を思わすフレッシュな果実味が特徴の飲みやすい1本です。

20180113_02.jpg

ついつい偏ったワイン選びになっていませんか?

ぜひヴィノスやまざきの試飲イベントにご参加ください!

新たな発見に出会えるかもしれませんよ♪


深澤

ワインを楽しむABC♪

2018年が始まり、あっという間に2週間ですね。
新成人になった皆さま、おめでとうございます。

明日、明後日は週末恒例の試飲イベントを開催いたします。

新成人になられた方や、よくワインを飲まれる方まで幅広く楽しんでいただける試飲イベントを開催いたします。

今週末の試飲イベントのテーマは、"新春TOV第1弾!ワインを楽しむABC"

??TOV(テイスト・オブ・ヴィノス)って何??という方のためにご説明しますと・・・

ヴィノスやまざき買付隊がワインの産地カリフォルニアのモントレーを訪れた際に訪れた経験が元になっています。

20180112_02.jpg

モントレーには、地元のワインを紹介するワインショップ『A Taste of Monterey』があります。

かつて、ナパなどの有名産地に比べると産地としては無名だったモントレーのワインをもっと世界中の人々に知ってもらおうとパライソ・ヴィンヤーズの故リチャード・スミスさんら現地のパイオニアが立ち上げたワインショップです。

現地に100件近くあると言われているワイナリーを一件ずつ説得し、この地でモントレーのワインを試すことの出来る場所を開いたのです。
※モントレーのワイナリーは山奥に位置するものも多く、なかなか個人で回るのは骨が折れます。

自分のワイナリーだけでなく、地域を盛り上げようとした彼らの思いに感動した買付隊は日本のお客様にも、気兼ねなくワインを楽しめるショールームとして店舗を使用して欲しいと始めたのがこのTOV(テイスト・オブ・ヴィノス)です。

今週末はワインを楽しむABCをテーマに、ワインを普段から飲まれる方から、新成人となられた方まで、幅広いお客様に楽しんでいただけるよう様々な味わいのバリエーションをお楽しみいただけます!

20180112_03.jpg

そして、参加費1,000円の試飲イベントですが、
なんと1本1万円のワインもお楽しみいただけます!

20180104_ttl170325.jpg

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

深澤

バレンタインで「ありがとう」を贈ろう!

年末年始が終わり、街中ではバレンタイン装飾が増えつつあります。

20180111_01.jpg

ヴィノスやまざきでは、今年もワイン屋さんがおすすめするバレンタイン商品を多数ご用意いたしました。

20180111_03.jpeg


ハートのラベルのバレンタインワイン
今年は、女性醸造家ローリー氏にお願いして当店でも大人気の蔵元ウォーターストーンのバレンタインワインを造っていただきました。

20171010144210.jpg

チェリーやブラックベリー、プラムのような凝縮した果実味は、ジャムのような濃厚さで、上品は甘さもあり、チョコブラウニ―と一緒にあわせると、さらに美味しさ倍増!
樹齢40年もの古木のジンファンデルを一部使用しているため、古木ならではの力強さと複雑味を持ったワインです。

そして、毎年ご予約でほぼ完売してしまうブーランジュリー「メゾンカイザー」に特注で造っていただく「ワイン屋さんのチョコブラウニー」

20160127-08.jpg
上質なカカオを使用したチョコレートブラウニーに、当店の蔵直(R)ワインとブランデーを練り込みました。
濃厚なカカオとナッツの旨みが楽しめる「大人のブラウニー」です。


20180111_sl_valentine.jpg

「ワインやさんのチョコブラウニー」、そしてチョコブラウニーとのセットはご予約いただくと、特別価格でご利用いただけます。
お世話になった方へのギフトにも、ご自身用にもご予約くださいませ!


深澤

年始めに粋な贈り物を!

寒い日が続きますが、この寒さから美味しい日本酒が生れます。

冬場に酒を造ることを「寒造り」といいますが、酒蔵は1年で最も寒い12月から2月頃までが大忙しです。

そして、この時期は造りたての生酒がお楽しみいただけます。

粋な生酒が限定入荷しました!

20180110_001.jpg


粋囲は、「静岡地酒らしい、すっきりとした飲み口で美味しいお酒を造りたい」と、初亀醸造と共同開発した限定酒。

「粋な酒をお客様に飲んでいただきたい」、「粋な気持ちで特別に醸したお酒」が【粋囲】の名前の由来です。

初亀醸造の地元岡部町の農家が育てる誉富士を使用し、地元の南アルプスの伏流水と静岡が生んだ静岡酵母の「オール静岡」で造っています。

17010801.jpg

今年の造りから初めて仕込んだ「純米吟醸」の粋囲は、初亀醸造が大吟醸の仕込みにだけ使う、小さな大吟醸蔵で、低温で丁寧に醸されました。

蔵で仕込んだばかりの、純米吟醸の一部を、この時期だけお楽しみいただける、「生酒」を本数限定でご用意いたしました。

20180110_003.jpg

「酒は造るものではなく、生まれるまで育てるものだ」という初亀醸造さんのコンセプトがあるように、お酒は出来上がってから、火入れをして発酵を止めてから、蔵で熟成させて、出荷されます。

この「粋囲純米吟醸 生 」は、出来上がったばかりのまだまだ若さ溢れるフレッシュな味わいですが、今しか出会えない、みずみずしさと力強さをお楽しみいただける、季節のお酒としてお楽しみください。

限定数の入荷となりますので、お見逃しなく!
ヴィノスやまざきOnlineShop ワインのご購入はこちら


片山

ヴィノスやまざき
各店の情報は
facebookもチェック!

ヴィノスやまざき Vinos Yamazaki

 

月別アーカイブ

最近の投稿

RSSフィード