ワイン試飲会、縁の下を支えます!

本日は、仙台会場にて「グランド・テイスト・オブ・ヴィノス」ファイナルを開催しました!

20170922-1.jpg

今回、初来日となった3蔵元は、日本のお客様に自分たちのワイン造りのこだわりを紹介できたことや直接感想を聞けたことなど満足していました。

20170922-2.jpg

そして、各会場では、語学の得意なスタッフが通訳として活躍していました。

20170922_01.jpg

通訳をするにはワインの基本的な知識を理解するだけじゃなく、お客様にわかりやくすお伝えするため、ただ語学ができるだけでは勤まりません。

また当店では、現地への買付、ワインの仕入れ、イベント開催、スタッフ向けの勉強会もスタッフ自らが行っています。

20170922_07.jpg

生産者と同じ気持ちになって情熱を伝えてるため、ワインの味わいだけでなく、ぶどう栽培・ワイン造りのこだわりを学びます。

20170922_03.jpg

語学が苦手なスタッフも、
「美味しいワインをお届けしたい!」
「ワインって美味しい!楽しい!と体感してほしい!」と頑張っています。

20170922_08.jpg

一人でも多くのお客様にファンになっていただきたく、
私たちは、情熱をもって、ワクワク・ドキドキを提供いたします!

近日新店オープンの為、ただいまスタッフを募集しています!

ワイン初心者の方でも大丈夫!
b_new_stores170915.jpg

深澤

静岡県との架け橋に!

本日はヴィノスやまざきの原点 静岡会場にて「グランド・テイスト・オブ・ヴィノス」を開催いたしました。

S__31997956.jpg

この大試飲会では、これからの秋のワインシーズンにお楽しみいただきたい新着ワインをお披露目いたしました。

その中でも、静岡の皆様にご紹介したかったワインが静岡県と姉妹都市である北イタリアのフリウリ・ベネツィア・ジューリア州(以下フリウリ州)のワインです。



先月、静岡県とフリウリ州との姉妹提携の捺印に同席し、難波副知事と共にフリウリ州のワイナリーを訪問しました。

今回のイベントに来日してくれた「マス・ダ・リーヴェ」がその一蔵です。

S__31997957.jpg

「マス・ダ・リーヴェ」は、1900年から家族代々引き継がれてきた小さな蔵元。
先祖代々引き継いできた伝統的な製法だけでなく、ビオディナミ農法を少しずつ取込みながら、自然環境に配慮したサスティナブル農法でぶどうを育てています。



本日は、ご参加いただくお客様のためだけに日本未入荷のワインなどご用意いただきました。

20170922001432.jpg

そして、難波副知事からも現地で畑、そしてワイン造りのこだわりを取材してきたことを語っていただきました。

ヴィノスやまざきは、造りての想いを皆様にお届けいたします!

明日は、仙台会場での「グランド・テイスト・オブ・ヴィノス」開催です!

片山

東京会場にてグランド・テイスト・オブ・ヴィノス開催!!

本日は、東京会場にて「グランド・テイスト・オブ・ヴィノス」を開催いたしました。

20170920 (6).jpg

ヴィノスやまざきは、この秋、みなさまに支えられて、
旗艦店である有楽町店の10周年、関東一号店である渋谷店の16周年、
たまプラーザテラス店7周年、新静岡セノバ店6周年、ルミネ新宿1周年と、
様々な店舗がアニバーサリーを迎えます。

今回は、日頃の感謝を込めて、ロングセラーワインだけでなく、
今回初来日の生産者たちのような、ヴィノスやまざきの買付け隊が
世界中から探して出会った新しい職人たちのワインもお披露目させていただきました。

20170920 (4).jpg

20170920 (1).jpg

20170920 (7).jpg

そして、有料試飲ブースでは、世界各国のグランヴァンがお楽しみいただけるメニューや、
20170920 (3).jpg

ご注文いただいたお客様向けの大抽選会で、夢のグランヴァンが当たったり?!、
(※会場で3,000円以上ご注文のお客様対象)

アニバーサリーの店長たちからのプレゼントワインなど、
20170920 (9).jpg

今までにないイベントも多数ご用意いたしました。


このように新商品をお披露目できたり、様々な企画をご用意できるのも、
やはり、日頃からヴィノスを支えて下さっているお客様のおかげです。

決してプロではなく、お客様の「美味しい」と思ってくれるワイン、
ブランドではなく味にこだわったワイン、
そして、お客様にいつでも入りやすいお店造りを目指してきました。

これからも、ヴィノスやまざきはお客様のために、
新しいワインとの出会いをお届けできるよう、精進してまいります。


そして、明日からの静岡会場、仙台会場だけでなく、
0920form_ttl.jpg

ぜひ、ご一緒に新しい生産者とワインとの出会いを楽しみましょう!!


三浦

秋の大試飲会のスタートです

いよいよヴィノスやまざき秋の大試飲会「グランド・テイスト・オブ・ヴィノス」がスタートいたしました。
さっそく先ほど終了したばかりの神戸会場より写真が届きました!

6227.jpg



今回の試飲会では、昔からの定番ワインの最新ヴィンテージだけでなく、まだ当店に並べていない未発売ワインなどの新商品も数多く出品しております。

明日の東京会場では、どんな出会いがあるのか。今から楽しみです!

そして、イベントに合わせ初来日した3名の生産者は週末、店舗開催の特別試飲会へも参加いたします。

大試飲会に残念ながら日程が合わずご参加出来なかった方など、ぜひこの機会にいかがでしょうか。

モダン・スタイルで造られた果実味溢れるスペインの銘醸地"リオハ"から来日したテレサ女氏。
「リオハの熟成ワインを手頃な価格で楽しみたい」
というお客様の声から、買付隊が探した今世界的に評価も上がっている蔵元です。

7B3BC0F3-07E5-4BA7-AF1A-49BB0906FD63.jpg


当社本店のある静岡と友好都市でもある、北イタリアのフリウリ州からは、地元"ピノ・ネロ(ピノ・ノワールの意味)協会会長"をも務めている地元のリーダー的存在であるファブリッツォ氏がやってきます。
既にブログで紹介したところお客様から
「あのワインはいつ入ってくるの?」
と問い合わせを頂いております。まだ未発売ワインですが、店舗での来日イベントでは特別に取寄せた彼のワインをお楽しみください!

201709092.jpg

なんと最高樹齢140年の古木をも所有しているオーストラリア・バロッサヴァレーからは、女性オーナーのリサ女史の来日です。
パンチと複雑味のあるシラー種だけでなく、チョコレートのような濃厚な甘みのデザートワインなどがありますが、ハイクラスは良年しか造らないというこだわりで女性職人な方です。

20170911175843-thumb-400x266-72714.jpg

この3蔵の3名が色々なお店を回っていきます。

詳細・ご予約はこちらよりご確認ください。↓↓↓
0920form_ttl.jpg


http://www.v-yamazaki.co.jp/event/grand_tasting/festa_entry.html

岩谷

収穫、いよいよスタート!

今週、いよいよ「ザ・グランド・テイスト・オブ・ヴィノス」がスタート!

 

l_grandgra_tasting.jpg

 

日本へ向かっている生産者たちは、早く自分達のワインを紹介したいと張り切っていいます。

 

一方、フランス ボジョレー地方からは収穫を迎えて気合が入っている蔵元から連絡が届きました。

 

28176BF7.jpg

先週から収穫をスタートしたナチュール

 

村の中でも一番標高の高い丘の上に畑を所有し、とにかく品質の良いぶどう造りにこだわっています。収穫穫は全て手摘みで行い、畑にわざわざテーブルを設置し、その場ですぐに良いぶどうだけを選ぶというこだわりよう。

 

E953E58C.jpg

今年は収穫直前まで理想的な気温が続いたため、旨みが凝縮したぶどうが収穫できたとのこと。

 

7262A44E.jpg

ご覧ください、この輝きのあるぶどう!

 

畑でも良いぶどうだけを選んでいるのに、タンクに運ばれる前には、痛んだぶどうや枝などを取り除くためにさらにぶどうをチェック。畑と醸造所、選果を2回行うことによって、本当に質の高いぶどうだけを使っています。

 

今年で6年めを迎えるナチュール。実は、もともとはヌーヴォーを造っていませんでした。現地の星付きレストランからの依頼を受けて、毎年少量だけ特別に造るようになったとのこと。もちろん、今年も星付きレストランで提供されます。

 

IMG_6751.jpg

「良いワインは質の高いぶどうから」と語るデニスさん。

素晴らしいぶどうが収穫できた今年は、きっと素晴らしいヌーヴォーができるはず!

 

是非楽しみにお待ちください。

 

ご予約はこちらから!

b_nature.jpg

 

他の蔵元からも情報が入り次第ご紹介させていただきます!

 

加藤

人気ワインにミニサイズが新登場!

コストパフォーマンス抜群で、ヴィノスやまざきの大人気のワイン「リッチランド」シリーズ。


初お披露目と共に瞬く間に完売となった夏ヌーヴォーをはじめ、ヴィノスやまざきのオーストラリアワインを牽引するカラブリア家が手掛けています。

創業者のビル・カラブリア氏は、オーストラリアのワイン産業の発展に大きく貢献したとして、国家より「女王叙勲章」を受賞した、オーストラリア屈指の生産者でもあります。


「リッチランド」という名前は、初代のフランチェスコ・カラブリア氏がイタリアからオーストラリアのリヴァリーナにやって来て、その美しく壮大な土地を「rich land(リッチランド)」とよく呼んでいたことに由来するそうです。

20170606124550.jpg

そんなリッチランドを、「もっと気軽に楽しみたい」「飲みきりサイズが欲しい」というお客様の声を受けて、買付隊が密かに交渉を続けていました。


そしてついに、赤白ともに新入荷となりました!

20170905 1.jpg


赤は、カラブリア家が得意とするシラーズ。シラーズ特有のベリーの凝縮感とブラックペッパーのようなスパイシーな舌触りが楽しめます!


白は、祖先の故郷であるイタリアの伝統品種ピノグリージョ。リンゴや洋ナシの風味豊かなピュアで爽やかな味わいです!

秋の行楽シーズンなど、様々なシーンに寄り添う新たなワインでお楽しみください!

井山

中華とワインのマリアージュ!?

本日は、プラチナ通りにある中華の名店 『 白金亭本店 』 にて、広尾店&中目黒店主催のランチワイン会を開催いたしました。

今回のランチ会のテーマは「中華料理と楽しむカリフォルニアワイン」!

「中華料理とワインって、本当に合うの・・・?」というお声もいただいていた中、シェフとも打ち合わせと試作を重ね、特別なランチコースをご用意していただきました。

まずは、スパークリングワインのプロジェニーで乾杯!

20170916 _01.jpg

女性審査員が選ぶワインコンクール「サクラワインアワード」にて、最高金賞ダイヤモンドトロフィーと、中華料理に合うベストワイン特別賞の二冠を獲得したスパークリングワイン。こちらだけ、カリフォルニア産ではなかったのですが、中華料理に合わせて、どうしてもご紹介したかった一本です。

アルゼンチン、アンデス山脈のふもとに広がる標高の高い畑で育った、ピノノワール種とシャルドネ種をブレンドして作られ、ほんのりフルーティーな味わいが、素材の味を引き出した前菜5品にぴったり!中でも、マスカルポーネを使用したピータン豆腐との相性が抜群でした。

20170916 _02.jpg

香港式点心と、パパイヤとクレソンのスープに合わせたのは、ストーンヘッジ・ゲヴュルツトラミネール

20170916_03.jpg

ライチや白桃のような、エキゾチックな香りに溢れたこの白ワイン。出汁の旨味がたっぷりのスープと、具のパパイヤの優しい甘みに、意外なことにベストマッチ!「口いっぱいに南国フルーツの香りが広がって、これまでに無い美味しさですね!」「カリフォルニアの美味しい白ワインって、シャルドネだけじゃないんですね!」との声をいただきました。

個性の強いゲヴュルツトラミネール種のワインは、どんなお食事と合わせるか迷ってしまうことも多いのですが・・・中華やタイ料理など、ご自宅でエスニック料理を楽しむときにもオススメです。

そして、大エビのチリソースには、先週リリースされたばかりのThe K ピノノワール

20170916_05.jpg

じつは、本日のエビチリのチリソースには・・・シェフに少し無理を言って、蔵直チーズの「パルミジャーノ36か月熟成」と「コンテ24か月熟成」を、特別に使用していただきました!エレガントでふくよかな果実味にあふれたピノノワールと、大エビの甘み、チーズでコクと深みの増したチリソースとのマリアージュは・・・「中華とワイン・・・?って思っていましたが、これはベストマリアージュですね!」と、驚きの声をいただきました!

メインの、洋ナシに詰めた黒酢の酢豚に合わせたのは、メリタージュ・リザーヴ#506

20170916_06.jpg

洋ナシの華やか香りに、黒酢とスパイスの風味、そして煮込んだ豚肉の甘みが、果実味が凝縮したナパワインにぴったり。本日の一番人気でした!

ヴィノスやまざきがカリフォルニアワインに取り組み始めたのは、今からもう20年以上も前のこと。ナパワインの価格が年々高騰するなか、「美味しいナパワインを、ふだんから手頃に楽しみたいのに・・・」というお客様の声から、手頃で美味しいワインを現地で探し求め、そしてワイナリーとの長年の繋がりを活かして、現地のワイナリーと共同で開発したのが、この「メリタージュ」シリーズです。

本日のランチ会では、中華料理と合わせてお楽しみいただきましたが、ヴィノスやまざきでは、これからも手頃で美味しいカリフォルニアワインを皆さまに届けてまいります!

20170916_07.jpg

今日のランチワイン会でエビチリと一緒にお楽しみいただいたThe K ピノノワールは、この3連休、全国の店舗でもお楽しみいただけます。ぜひ、皆さまのご来店を、心よりお待ちしております!

広尾店 本島

三連休のご予定は?

明日からの三連休のご予定はお決まりですか?

ヴィノスやまざき各店では、今週末イベント盛りだくさんでお届けいたします!

20170915_03.jpg

週末恒例の試飲イベントでは、売上本数NO.1を誇る人気のブラックシラーズを始め、ヴィノスやまざきが誇る「うま得バリューワイン」をセレクト致しました!
ご自宅で気軽に楽しむお気に入りワインをこの機会にぜひ見つけて下さい!

そして、昨日のブログでご紹介した『 匿名ワイン「K」&1級ブルゴーニュ飲み比べ対決! 』

20170915_04.jpg

2015年に「D」と「H」をリリースし、去年2016年には「S」と「C」をリリース。
その話題性と絶対的な味わいで瞬く間に姿を消した匿名シリーズから遂に新作の「K」が登場!
今回は初めてのピノ・ノワール品種!ハイクラスブルゴーニュとの飲み比べで是非ともお試し下さい!

▼試飲イベントのお申し込みはこちらより
l_tasting_event1709.jpg

そして、三連休の最終日は『 敬老の日 』
敬老の日のご準備はお済ですか?

当店では、ワインはもちろん、ノンアルコール&低アルコールワインを多数ご用意しています!

20170915_02.jpg

こちらは、フランス・ノルマンディー地方のりんごのお酒 『 シードル 』 で使用する小粒のりんごを使用したノンアルコール!
りんごは医者いらずと言いますが、りんごポリフェノールは抗酸化作用が極めて高いそうです。

20170915_01.jpg

敬老の日に、健康のプレゼントはいかがですか?
プレゼント用に、無料ラッピングでご用意いたします。

皆様、素敵な三連休をお楽しみください!

深澤

あの匿名ワインKとオークションワインの飲み比べ!

ヴィノスのショップに立ち寄ると、店頭では毎日無料試飲を行い、テイスティングバー店舗では数種類のワインが楽しめます。
また、週末には有料試飲イベント、ワインフェスタやTOV(テイストオブヴィノス)も開催しています。
さらに毎月開催しているワインセミナー、あるいは不定期ながら試飲イベントや生産者来日イベントなど。。。

また、なかなかお店に足を運ぶことができない方のためにと、ネットショップも充実させ、さらにネットショップでしか入手できない限定のセットもご用意しています。

気になる今週末の3連休は・・・ 

先日までは予約が殺到し、販売と同時にお店では、「匿名ワイン?何それ??気になる!飲んでみたい!!」と手に取り、買い物かごに入れるお客様が続出し、ネットショップでも毎日注文が殺到している、今最注目のワイン。
20170914132545.jpg
身元を明かすことができない神秘性に加え、その圧倒的な味わいと価格で販売後に瞬く間に店頭から姿を消した、あの匿名シリーズ第1弾『D&H』、第2弾『C&S』に続く第3第の匿名ワイン『K』

いよいよ週末3連休イベントに初登場し、皆さまの?!にお応えします。

せっかくの3連休にお店にお立ち寄りいただけるならばと、同時に飲み比べする極上ワインが欲しいと店長たちが考えたワインとは・・・

なんと、世界で最も有名なワインオークション、ブルゴーニュ地方の『オスピス・ド・ボーヌ『ボーヌ1級ニコラ・ロラン2015』
中でもオスピス・ド・ボーヌの創始者「ニコラ・ロラン」の名を冠した今回のこの1本は、オークションの中でも特にバイヤーたちに人気のあるワインです。
20170914132624.jpg
週末のイベントのお申し込みはこちらから↓

l_tasting_event1709.jpg

是非、今週末もヴィノスのワインでお寛ぎいただければと思います。

P.S.
昨晩は、静岡朝日テレビカルチャーや池袋サンシャインシティのメゾンカイザーで、月例ワインセミナーを開催しました。

20170914bai02.jpg

20170914bai01.jpg

買付隊の買付裏話が楽しめた静岡、メゾンカイザーの料理に加えチーズも楽しめた池袋、皆さんの笑顔に心から嬉しく思いました!

ワインセミナー申し込みはこちらから↓

top_b2.gif

鶴見

惚れてしまいました!

先日、店長が集まるミーティングで最近新入荷したワインについてお客様の感想を聞いていたところ「やっとドイツワインが入荷したね」「ほんのりフルーティーで飲みやすいフランケンワイン美味しかったよ」「ほんのり辛口で食事との相性がよいドイツワインを探していたから嬉しいよ」とお客様から入荷を心待ちにしていたコメントをいただきました。

 

 

以前、当店のドイツワインで人気だった蔵元が後継者問題などで蔵を閉めてしまったり、天候不順などで生産量が減少し価格高騰してしまったことなどあり、手頃な価格で提供することが困難な時期が続いておりました。

 

お客様からも、「ドイツワイン減ったね」と言われることもあり、何とかしたいと思う気持ちでいっぱいでした。

 

 

そんな中、ある1本のドイツワインを試飲した際に、上品なミネラル感とマスカットの風味を感じ、ほんのりフルーティーで果実の旨味を楽しむことができるワインと出会いました。

 

価格を知らされていなかったので2,000円代中盤くらいならお買い得だなと思い価格を聞いたらなんと...1,000円代中盤だと。

 

「これは美味しい!是非、ワイナリーを取材したい」と思い現地を訪問しました。

 

 

 

ドイツの銘醸地と言えば、モーセル地区とかライヘッセン地区などが思い浮かぶと思いますが、その蔵元はナーエ地区でした。

ドイツのモーゼル川、ライン川の間、ナーエ川流域の地域でバラエティに富んだワイン造りを行っているため「ドイツの試飲小屋」とも言われています。

 

 

そのワインの生産者とは、ヤコブ・シュナイダー

1575年創業で現在16代目。

ナーエ地区で若手注目の生産者として知られているのが当主のシュナイダー氏。

 

IMG_5003.jpg

 

 

 ワイン評論家ロバート・パーカー氏から、カビネットクラスで90点以上の評価を獲得し、ぶどうは全て自家栽培し、醸造・瓶詰めまで一貫して行ってる生産者です。

 

 

 

現地を訪問したらすぐに「是非、私たちの畑を見てほしい」と案内されました。

 

S__6815768.jpg

 

IMG_5016.jpg

 

 

機械では収穫できないほど急斜面で、当然ぶどは全て手摘みで収穫をおこない、一部のエリアは命綱つけないと危ない場所あると話していました。

 

IMG_4985.jpg

 

 *航空写真にて

 

ワイン造りは、当主のシュナイダー氏が父から受け継ぎすべてを行っています。

 

 

彼曰く「私達は、恵まれた立地に自社畑を所有しぶどうの品質は非常に高いです。上品な酸味と果実の甘みを上手に引き出し、料理の味わいを引き立てるワインです。日本の和食とも非常に相性が良いと思います。」と語ってくれました。

 

IMG_4988.jpg

 

 

今回、シュナイダー氏のワイン以外にも何種類か入荷しましたが、それぞれに個性があり生産者の想いやこだわりが詰まったワインたちです。

 

また、ブログで紹介しますが、まだ飲んでない方は一度お試しいただければと思います。

 

今回入荷した、リースリング・ハルブトロッケン(やや辛口)ワインは、料理と合わせてお楽しみください。

 

 

 

普段はあまり一目惚れしないのですが、このワインを飲んでコストパフォーマンスの高さに惚れてしまいました。

 

 

 

さっそく家に帰り、一杯飲みたいと思います。

おそらく一杯では終わらないと思いますが・・・

 

 

福井

 

 

ヴィノスやまざき
各店の情報は
facebookもチェック!

ヴィノスやまざき Vinos Yamazaki

 

月別アーカイブ

最近の投稿

スタッフブログ一覧

蔵直ワイン ヴィノスやまざき
蔵直ワイン オンラインショップ

RSSフィード