店長に質問「今、一番売れているワインは何?その秘密は?」

「今、お店でどんなワインが売れているんですか?」と、聞くと、

「とにかくケース単位でリピーターさんが多いのが、新商品の、グールガゾーの赤と白なんです。」

と、どの店長も口を揃えて言います。

グールガゾーと言ったら、ヴィノスやまざきが、輸入を始めるきっかけになったワイン。
それも、30年近く前には誰も見向きもしなかった、南フランス・ラングドック地方の蔵元。

当時は(今もかもしれませんが)、白はブルゴーニュのシャルドネ(品種)、赤はボルドーのカベルネ・ソーヴィニヨン(品種)が圧倒的に人気でした。

ブルゴーニュの高級ワインとなるシャルドネは素晴らしく、また、ボルドーの格付けワインもコクがあるのに滑らかで、多くのワインファンを魅了してきました。
しかし、難点はお値段が高いのです・・・

お客様から、「この位美味しくて、もっと安いワインはないの?」と言われ、フランス大使館の試飲会で、誰も人のいないブース、ラングドックワインのブースで出会った蔵のひとつが、こちらのドメーヌ・グールガゾー

ブルゴーニュでワインを造っていた創業者のピケさんが、より良い地を探し、ぶどうを植えたのがラングドック地方。

当初は、高級品種を植えて地元から大バッシングにあうも、その後多くの造り手が追随し、シャルドネやカベルネを作り出し、今では、ヴァンドペイ(地酒)というランクながら、世界的に有名になっていったのです。

しかし、難点は、量が少なく、一年間在庫が持たないということ。
家族経営の蔵なので、何せ収穫量にも限りがあるのです。

「もっと、量を供給してほしい。そして、できれば、さらにお買い得価格に・・・」
と、買い付けの時に、ポツリと口にしたら・・・

なんと、当主のアニックさんが、「さらに手頃な価格のワインに挑戦します!」と、私達の無理な難題に応えて下さったのです。

出来上がったワインを飲んでびっくり。
はシャルドネに負けない、キリリとした酸味と、なんとも言えないジューシーさ。
は、グールガゾーならではのカベルネの良さを、さらに奥深くスパイシーな味わいに。

そして、この価格(税別1,280円)は、いったいなぜ・・・

その秘密は、品種でした。

白は、シャルドネだけでなく、地場品種のグルナッシュ・グリや、ヴィオニエという南のアロマティックな品種を使うことで、さらに華やかでジューシーなワインに。
そして赤は、シラーという、南の高級ワインに使用される品種をブレンドしたのです。

単一の品種でないので、「ヴァン・ド・ペイ(地酒)」というランクは名乗れません。
テーブルワインとして扱われるので、おそらく税金も安く、これだけ良いぶどうを使っても、価格が抑えられるのです。

そう来たか・・・!
地場品種に縛られていた地に、シャルドネやカベルネと言った国際品種を植えてイノベーションを起こしたグールガゾーのピケさん。そして、今度は娘のアニックさんが地場品種をブレンドすることで、新しいコンセプトのワインを造る・・・

本当に美味しくて安いワインは、こうして何世代にもわたって試行錯誤の中で、産まれてくるのです。

「なぜ、こんな造りを思いついたのですか?」と、アニックさんに聞くと・・・

「だってヴィノスやまざきのお客様は、格付けやランクでワインを選ばないでしょ。だから思い切り挑戦できたの。」とのこと。

とは言っても、また在庫が切れる可能性大です。
是非、お早目にお試し下さい。

種本 祐子

ヴィノスやまざき 取締役社長
シニアワインアドバイザー、カリフォルニアワインマスター、他フランスのワインの騎士等、数多くの称号あれど、常にワインの師匠は「お客様」。お客様の求めるワインが、なければ造る!そんな思いでワイン一筋35年。

新着読み物

イタリア、スペイン…問題児が最愛のワインに!
蔵直ワイン物語

イタリア、スペイン…問題児が最愛のワインに!

ワインの直輸入を開始し、ワインは産地や生産者のブランドではなく、造る人の姿勢なんだと現地を訪問して気が付...

伝説のナパワインついに再入荷!
いまイチオシのワインたち

伝説のナパワインついに再入荷!

先日、匿名ワインの最新ワインが入荷したことをお知らせさせていただきましたが(詳細はこちらから→注目の匿名...

注目の匿名ワイン、ついにお披露目です!
いまイチオシのワインたち

注目の匿名ワイン、ついにお披露目です!

大変お待たせいたしました! 本日よりヴィノスやまざき全店において、新商品が入荷しております。 そのワイン...